SCMにおけるオペレーションズ・リサーチの活用セミナー

【新規開催!】
~企業等における経営や操業状況のモデル化をSCMの課題解決に役立てる~

サプライチェーン・マネジメント(SCM)における多種多様な課題に対して広範なデータを活用した意思決定を行うためには、「勘と経験」に頼ることには限界があります。
そこで、経営や操業の状況を再現(モデル化)し、実際の問題解決に役立てるための一連の方法である、「オペレーションズ・リサーチ(OR)」の活用が必要です。
ORの進歩と普及は、これまでにもロジスティクスやサプライチェーンの進化・最適化に寄与しており、ビッグデータの普及や輸送機器・倉庫の自動化といったハードウェアの進歩と並んで大きな役割を果たしています。
本セミナーでは、SCMの課題解決に資するORについて、基礎的な考え方を学習するとともに、拠点配置や輸送モードを考慮する物流ネットワーク最適化を題材として、ORの具体的な活用方法について解説いたします。

【開催日時】
2022年3月15日(火) 13:30-17:30

【プログラム】
1.SCMとORの概略
  …サプライチェーン・マネジメントにおけるオペレーションズ・リサーチ活用の必要性
2.SCMにおけるORの適用分野と手法の解説
3.最先端企業でのORを活用した最適化プロジェクト事例の紹介
●グループワーク ~物流ネットワークと拠点最適化を「事例として~
物流拠点ネットワークの最適化を題材として、ORを活用した計画立案・意思決定を行う
グループ演習を実施する予定しています。

プログラムの詳細はパンフレットをご覧ください。

【講師】
伊倉 義郎 氏
(株)サイテック・ジャパン 代表取締役社長/東京工業大学 講師

東京大学理学部物理学科卒業後、東京大学工学系研究科情報工学科修士、コーネル大学工学部インダストリアル・エンジニアリング・アンド・オペレーションズ・リサーチ学科で組み合わせ最適化でのPh.D.を取得。
パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック社(サンフランシスコ)、AT&Tベル研究所(ニュージャージー)主任研究員等を経て、1993年米国法人SAITECH, inc. を設立、その後日本法人(株)サイテック・ジャパンを設立。日米で多くのサプライチェーンやロジスティックの最適化プロジェクトやソフト開発に従事。
米国INFORMSの実務研究部会主査や日本OR学会理事。東京工業大学、慶応大学、南山大学で非常勤講師。
米国OR専門誌やIEEEなどに論文を20本、日本OR学会誌にORの実務紹介記事「エデルマンの勇者たち」を連載、他。
著書「物流アルゴで世が変わる」(共著:高井英造氏)。

高井 英造 氏
マネジエンス 代表

コロンビア大学工学部大学院(経営科学)修了(M.S、1965)。
三菱石油(株)数理計画部、エネルギー調査部長を経て、静岡大学人文学部経済学科教授(経営情報論)、多摩大学大学院客員教授、文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター客員研究官等を歴任。
日本オペレーションズ・リサーチ学会フェロー(元副会長)、生産性本部APICS日本代表部顧問、CSCMP,米国経営工学会(INFORMS)、日本経営工学会、経営情報学会、物流学会等正会員。 
著書 「問題解決のためのオペレーションズ・リサーチ入門(共著)」(日本評論社)ほか。
論文 「ロジスティクス高度化へのオペレーションズ・リサーチの役割」科学技術動向No91文科省(2008) 他。

【オンラインセミナーの特徴】
・集合型で行うセミナーと同水準の質の高いセミナーをお届けします。
・音声やチャットでの応答を行い、ライブならではの臨場感のある講義を行います。
・テキストは事前に郵送にてお届けし、手元にテキストを控えながらご受講いただけます。
・1時間に1回の適度な休憩により受講の集中力が高まります。

【オンラインセミナーへのご参加にあたり】
日本ロジスティクスシステム協会(以下「主催者」という)が定める「JILSオンライン研修受講にあたってご了承いただきたいこと」と以下の事項に同意のうえお申し込みください。

●以下の条件を満たしたPC等をご準備ください。
 ・Zoomクライアントをインストールしていること。
 ・マイクの使用ができること。
 ・Microsoft Office(Word · Excel・PowerPoint)が使用できること。
●本セミナーの受講者は申込時に登録した受講者に限定し、1人1台のデバイスでご参加ください。
●主催者に起因する事由や不測の事態により通信が中断した場合は、録画した本セミナーを期間限定で配信します。
●受講者に起因する事由により通信が中断した場合は、主催者は責任を負わないものとします。
●本セミナーの録画、録音、撮影は禁止します。
●受講者により運営を妨げるおそれのある行為がある場合、対象者の受講を中止させることがあります。

«Zoomクライアントについて»
本オンラインセミナーはZoomを利用して実施します。ミーティング用Zoomクライアントをインストールのうえ、以下のZoom接続テストURLにアクセスいただくと接続の確認をすることができます。
Zoom接続テストURL https://zoom.us/test

開催日
2022年3月15日
受講対象
・製造業、物流業、流通業等においてロジスティクス・SCMに関する計画立案や意思決定に携わる方
・コンサルティングやシンクタンク等において、企業や団体におけるロジスティクス・SCMに関する計画立案や意思決定の支援に携わる方
・ロジスティクス・SCMに関する計画立案を支援する情報システムやソフトウェアの開発に携わる方

会場案内
オンラインセミナーでのみ実施し、集合型セミナーでの実施はしません。

参加費について
日本ロジスティクスシステム協会会員 27,500 円/1名
上記会員以外 38,500 円/1名
注意書き

※上記金額は税込価格です。

参加費に含まれるもの

テキスト代・資料代

参加定員

30

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
JILS総合研究所
E-mail education@logistics.or.jp


申込み方法について
FAX送信によるお申込み
FAX :03-3436-3190
フォームによるお申込み

下のボタンからお申し込みください。


お支払いについて

【参加料支払い方法】
・WEB請求書で請求いたします。
・WEB請求書は原則としてお申し込み手続きご担当者のE-mail宛に送付いたします。
 それ以外をご希望の方は、連絡欄にご指示ください。
※請求書が届き次第、指定銀行の口座にお振込みください。
※お支払いは原則として開催前日までにお願い申し上げます。
 (開催後になる場合は、連絡欄に支払予定日を明記してください。)
【キャンセル規定】
・開催7日前~前々日(開催日当日を含まず起算)・・・参加料(消費税を除く)の30%
・開催日前日および当日・・・参加料(原則として消費税を除く)の全額
※参加申込をキャンセルする場合は事前に問い合わせ先にお申し出ください。

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(https://www1.logistics.or.jp/privacy.html)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。
                                            →TOPページはこちら https://www1.logistics.or.jp/